熟年不倫のためのお忍びデート術

道程も楽しむ電車・温泉街デート

不倫デートで最も気を付けないといけないのは「バレないこと」です。しかし手のひとつでも繋ぎたいのに、ずっとコソコソ人目を避けるようなデートばかりでは悶々としてしまいます。

バレないためには、周りに知り合いがいない環境でデートをするのが基本。そういった意味でおすすめなのが温泉街でのデートです。

温泉が趣味でない限り温泉街なんて日常的に行く場所ではありませんから、一旦温泉街まで出てしまえばバレずに堂々と手を繋いで歩くことができます。

温泉街の良いところは、デート中の話題や過ごし方に事欠かないところでしょう。

街中では食べ歩きや飲食が楽しめますし、家族湯など温泉で肌を合わせることもできる。もし旅館に泊まるならば、仲居さんの心遣いを感じることができるでしょう。温泉旅館は不倫カップルが多いと言われているので、もし夫婦でないと思われたとしても付かず離れずでほどよく接客してくれます。

こんなに不倫デートに優しいスポットはなかなかありません。行かない手はないですよね。

熟年でも十分楽しめる遊園地デート

歳を重ねるとお出掛けや旅行といえば温泉、となりがちです。確かに温泉は人目を気にせず二人でゆっくり過ごせる素敵な場所ですが、デートの定番を忘れちゃいないでしょうか。そう「遊園地」です。

遊園地も温泉街と同様、話題や過ごし方に事欠かない場所です。パレード、アトラクション、絶叫マシーン、飲食店など、大人になっても「何にする?」とワクワクすることができます。

場所にもよりますが遊園地は室内施設も豊富ですし人が多いので、万が一知り合いが居たとしても遭遇する確率はとても低いです。

ただ、遊園地は歩き回り休む場所が少ないので疲れてしまうかもしれません。ゆっくり派のカップルは温泉街のほうで、元気派のカップルは遊園地と自分たちのタイプで決めましょう。

ちなみに遊園地の近くにはラブホテルが点在していることが多いです。遊園地から出た後はホテルで二人きりになることもできるので、最後まで充実したデートになることでしょう。

ラブホテルじゃないシティホテルのデート

二人でラブホテルに入っていくところや出て行くところを写真に撮られた・・・なんてベタな不倫発覚シーンがありますよね。

不倫中のカップルが寄り添える場所というのは少なく、セックスもするのだからラブホテルで良いだろうと選んでいる方も多いと思います。しかしラブホテルに入る姿を見られると一切言い訳が利きません。例え一人ずつ別々に入っても、です。

ですがもしそれがビジネスホテルやシティホテルなら、まだ言い訳の余地があります。ホテル前で落とした落とし物を受け取りに行っただとか、知り合いが働き始めたから一言挨拶に行っただとか。

ホテルに入るのは一瞬のことなのでそこを誰かに見られるというのは低確率だと思いますから、シティホテルを選ぶのは「念には念を」という感覚です。

しかしシティホテルでのデートをおすすめするのは、これだけが理由ではありません。世の男性方は、シティホテルを選ぶと女性がとても喜びます。女性にとってラブホテルはセックスする場所という感じがして少し抵抗感があります。ダブルの部屋があるホテルを予約してお招きしてあげましょう。

夏以外がおすすめなドライブ・海デート

不倫では自家用車を使うとバレることがあります。車内のニオイがいつもと違う、高速道路に乗った形跡がある、買い物のレシートが転がっていた・・・などです。いやいや、私はそんなヘマはしないよ!と思っている方でも要注意。今の時代はドライブレコーダーもあります。

しかしそれでも「ドライブデート」は不倫カップルにこそしてほしいデートの一つです。二人きりで人目がないところまで遠出できますし、道程も楽しいですから。

大切なのは、使う車を「レンタカー」にすることです。

最近は街中の駐車場に停められている時間貸しのレンタル自動車(カーシェアリング)も増えてきましたね。車を借りれば要は電車やバスなどの公共交通機関で移動しているようなもので、デートの形跡は全く残りません。

そして車をゲットして行きたい場所は、海です。海といえば夏ですが、何せ人が多い。海に入るわけではないので、反対に夏以外の季節に海にデートしに行きましょう。

個人的なおすすめは秋から冬にかけての季節。真冬の海沿いは寒いですが、秋が深まったころに上着を引っかけて海岸沿いを歩く・・・素敵なデートができます。