お毛ヶの感触が無いんです|熟年不倫セックス体験談

利用した出会い系サイト:ミントC!Jメール≪18禁≫ 出会い系サイト利用者:出会い系サイト利用者:男性 50代
不倫出会い満足度:★★★★★★★★★☆

新千歳空港ターミナルで、大地の手造りバターを手土産に購入し二人で帰路に就く。
どちらも別々に家庭のある二人だが、狙い道理のタイミングで不倫旅行に行くことができた。
それぞれ同じものを購入し言い訳しながら帰るのだ。
ミントC!Jメールで知り合って3ヵ月、いい思い出ができた。
小柄で胸の膨らみは、服の上からでは判らない。
髪はショートでちょっとキツめな顔立ちの20代後半、まだ多少可愛さも残るが、子供はいないらしい。結婚歴は10年近くなるみたいだ。
中年男に好かれるタイプで社内でよく声を掛けられるらしい。
不倫のスリルに興奮を覚え止められないらしいが、社内不倫は危険極まりなくて絶対にしないと決めてるらしい。そんな訳で私との不倫を楽しみたいのだそうだ。
シャワーを浴びた後バスローブ姿で私の側にきた、引き寄せて胸を触ろうと指を差し入れてみたが膨らみは無く小さな乳首にだけ指先が触れた。
抱きしめてバスローブの中のアソコに触れてみたが、さらりとしていて毛の感触が感じられない。彼女はニヤッと笑い抱き着いてきた。
バスローブをはぎ取って、覗き見て驚いた、パイパンのうえに幼児体系だったのである。
言葉を飲み込んでしまった。そこからは凄まじく興奮して何度も絶頂に達した。
この女性とはもう離れられなくなりそうだ、彼女の感触がそのまま身体に残っている。
そんな性も根も尽き果てた札幌での不倫旅行を終えた。
いつもの生活に戻り秘密だらけのノートPCを開いて確認するのだが彼女からのメールは途絶えたままである。