熟年不倫の良い所・悪い所

熟年不倫の良い所:性欲が簡単に発散できる

不倫、というのは男女のいずれか、もしくは両方が結婚していながら外で相手を見つけることです。不倫をいい事だと思っている人はなかなかいないと思いますし、できたら夫婦間で問題を解決したい・・・と思いながら他の異性と関係を続けている人もいるでしょう。いずれにせよ、熟年不倫の良い所は「性欲が簡単に発散できる」ことです。

一人でも性欲を満たすことはできますが、セックスの代用にはなりません。出会い系サイトをはじめ、既婚者でそのような場に参加しているということは、多少なりとも性に対して興味があると言い換えることもできます。嫌がる妻や夫と事務的にするより、心から抱き合いたいと思っている相手とセックスしたほうが断然楽しいに決まっています。
いくら不倫といっても、セックスは心と身体どちらにも影響する行為ですから、仲良く楽しくする必要があるのです。デートを含めたお付き合いをする不倫カップルもいると思いますが。それでもセックスありが基本となっているでしょう。不倫=セックスといっても過言ではありません。

熟年不倫の良い所:男性、女性としての自信がつく

熟年世代と呼ばれる年齢になると、男性、女性共にさまざまな部分で自信がなくなっていきます。肌、体型、性器の悩み・・・これは年齢を重ねる上で仕方のないことです。
ただ、仕方ないと諦めている片隅で、もっと自分はいけるんじゃないだろうか?という思いもあるでしょう。体力も性欲もまだまだある。自分は男として女としてどこまで通用するのだろう・・・。
昨今はインターネットの発達もあり、熟年世代の出会いの場も随分増加しました。以前なら不倫相手一人探すのでも一苦労でしたが、今となっては自宅や携帯電話からメール一通で知り合いになることができます。初めて出会い、セックスをし、相手の反応を生で見ることによって、自分がまだ現役だということを知ることができるのです。そこから一人の相手と関係を深めていくのか、全く別の相手と関係を持っていくのかは個人次第です。

セックスを抜きにしても、新しい出会いは人を明るくします。出会いが少なくなる熟年世代だからこそ、どんどん新しいことに挑戦し楽しむべきです。

熟年不倫の悪い所:デート場所が偏りがち

不倫は言わずもがな秘密の関係です。家族や知り合いに見られるのではと、早々と食事を切り上げホテルへ潜り込む・・・。確かに不倫自体はセックスありきの関係ではありますが、不倫を「婚外恋愛」という場合もあるように、恋愛の要素も多く含まれています。

絶対に隠し通さなければならない恋愛ですから、堂々と外に出られないのも不倫をする上では仕方のないことです。上手に手を変え品を変え、不倫デートを満喫しているカップルもいますが、それはほんの一部です。今日はセックスがしたくて会ったわけじゃないのに・・・と思いながらも、せっかくホテルに入ったのだからといつも通りの流れでそうなって・・・。
熟年という常識が詰まった世代だからこそ、今一歩チャレンジに踏み出せないというのが現状のようです。

熟年不倫の悪い所:出費が多くなる

上の項目で、デート場所がホテルに偏りやすいということをご紹介しましたが、熟年不倫のデートは何かとお金がかかります。ホテル代、食事代、交通費など、月に何回会うかによっても出費が変わってきますが、決して安いものではありません。
若い者同士なら、食事はファミリーレストランやファストフードで済ませることもできますが、熟年世代のデートではなかなかそれも難しいものがあります。不倫と言えども、年齢相応のデートをする必要があるからです。ただ、長く付き合っている不倫カップルになると、手軽で気の使わないデートもできるようになるでしょう。
いずれにせよ、大なり小なり出費はかかるものなので、不倫相手を増やすときは慎重に考えてから行動に移しましょう。