40代熟年の不倫出会い事情

40代熟年が不倫するきっかけ

30代で結婚したとすると、40代になれば10年近く一緒にいることになります。
40代ではまだ夫や妻に愛情を持っている人も多く、不倫に走るような状況にある人はさほど多くありません。しかしそんな40代熟年の中でも、不倫をする人としない人が半々に分かれているような気がします。

夫婦がお互いを男女として見ることができる一方で、毎回同じ相手と出かけたり抱き合ったりするのに飽きてしまう人がいます。もちろんそんな感情が現れても理性や世間体などで抑えるのが既婚者ですが、ちょっとだけなら・・・と火遊び感覚で浮気し、ハマってしまい不倫へと変化していく場合も多く聞かれます。

不倫は夫婦仲が悪くなってきた時のみに起こることではありません。むしろ40代の不倫というのは「愛しているけど他の異性も気になる」というような些細なきっかけで始まっていくのです。

40代は余裕が出てくる年代

30代の頃の自分を思い返してみると、仕事に結婚に妊娠、出産、子育て・・・とても自分の時間が持てるような状況ではなかった人がほとんどだと思います。しかし一旦子育てに余裕が出ると、今まで目まぐるしかった生活が一変、少しずつではありますが時間や精神的な余裕ができてきます。仕事後すぐに家に帰るのではなく、外で一杯やって帰れる。
その程度の余裕ではありますが、不倫が始まるきっかけとしては十分な時間です。

一人で飲むよりも誰かと話しながら飲みたい、と思えば出会いが必要です。どうせなら同性ではなく異性とお知り合いになりたい・・・。初めから不倫目的で出会うと長続きしないことが多いですが、友人として会っていくうちに男女の関係に発展したカップルは長続きすることが多いです。

ほんの少しの余裕で異性と楽しい時間が過ごせるのですから、不倫に限らず新しい友人を増やしていくのも40代からが最適です。

40代熟年の既婚者はモテる?

いくら自分が40代の既婚者だといえども、自分に好意を持ってくれる相手がいなくては不倫はできませんよね。しかし40代の既婚者、というだけでも、異性にとっては魅力的に映ります。例えば40代男性の既婚者(夫)がいるとすると、主に年下の女性にモテることが多いと言います。2、30代のいわゆる「アラサー」と呼ばれる女性から好意を持たれるようです。

男性の既婚者というのは、問答無用にしっかりとしたイメージがあります。独身女性からしてみれば、家庭を持っている男性と持っていない男性とでは雲泥の差。
本当は自分も結婚相手を探さないといけないのだけど、すでに立派に所帯を持っているような男に惹かれてしまうのです。私は2番目でも良いという女性が増えていますが、それだけ既婚者の魅力にはぐっと惹かれるものがあるのでしょうね。

火遊び不倫でも慎重に

ガッツリと不倫をしている男女であれば、ばれない様に慎重になるでしょう。しかし火遊び程度の不倫から発覚してしまう場合も、少なからずあることを忘れてはいけません。
40代熟年の不倫は「ムラムラしたからセックスする」というお気軽なものも多く、時間が空いた時にポンと会って、ササッと楽しんで切り上げることもできます。

しかし不倫相手とのセックスに必要以上にハマってしまうと、会う回数が増えたり帰りが遅くなったりと生活リズムが少しずつ変わってきてしまいます。そうすると伴侶にばれ、楽しかった不倫生活ともお別れになってしまいます。他の異性に好かれることは、人間として嬉しいことではありますが、何事もほどほどに慎重に。そうすれば気に入った相手と長く関係が続けられるでしょう。