50代熟年の不倫出会い事情

50代熟年が不倫するきっかけ

熟年不倫、という言葉を聞くと、何となく50代前後の男女を思い浮かべます。男性も女性も、家庭内ではなかなか異性として見てもらえず、異性扱いしてもらえる人を探してしまうというのが50代熟年の不倫のきっかけです。

50代は40代の頃に比べ、圧倒的に夫婦で過ごす時間が増えます。もちろん夫婦生活を充実させる家庭もありますが、「時間だけあっても困る・・・」という、夫婦の関係に困惑する人も少なくありません。夫婦生活で満たされないものを補うように、不倫をするのです。

例え自分の夫や妻を一人の異性として見られなくなったとしても、他の男女から見れば十分魅力的だったりします。男女としての魅力が落ちているのではなく、お互いの目が慣れてしまったのです。年を重ね夫婦の営みもなく、自分に自信がなくなっている頃に、ふと自分を思ってくれる異性がいたらなびいてしまうかも知れませんよね。

50代は色々試してみたい年代

50代熟年の不倫については、恋愛半分、遊び半分といった形ではないでしょうか。
恋愛ばかりでもなく、割り切りでもない、ちょうどいい距離感の不倫です。不倫は日常では体験することのできない刺激がたくさん含まれていますが、一歩引いて考えることができるのもこの50代。ハマりすぎてはいけないと頭の隅でコントロールしています。
だからこそ、不倫を一番楽しめるのはこの年代なのではないかと思うのです。

50代になった自分はどれほど異性と近づくことができるのか、まだ通用するのか。いわばチャレンジ精神が旺盛になる時期で、家庭を大事にしながらも、平凡な日常に花を咲かせるようにして不倫を楽しみます。衝動的な刺激ではなく、ひっそりとした刺激。大人の恋愛とはまさにこのことです。

50代がモテるために必要なこと

50代熟年の既婚者は所帯を持っているという魅力がある一方で、年齢のことを考えると少し不利な状況にいるのも事実です。外見や性の悩みなど、どうしても気にならずにはいられません。
確かに外見に自信があるに越したことはありませんが、それでもその部分で若者に太刀打ちできるかというと難しいものがあります。50代熟年が異性からモテるためには、熟年ならではの強みを出していくことが必要なのです。

例えば、新しい出会いがあり、なかなかメール友達から関係が進まない、会えたけどホテルへ行けない・・・など、不倫までスムーズにいかないこともあるでしょう。でもそれは他人同士仕方のない事なので、いかに根気よく誘って振り向かせるかという「気力」が必要です。

熟年世代は若者と違い、広い心で包み込む余裕あるところに異性が集まってきます。人間外見ではないとよく言いますが、年を重ねるにつれてその言葉が本当だということに気付かされます。

不倫での恋愛は臨機応変に

確かに不倫はセックスありきの恋愛ではありますが、何もセックスするだけが不倫ではありません。カップルによって恋愛と割り切りのバランスが異なり、中には恋愛の要素が強いカップルもいます。家庭が冷え切っていて、なおかつ性格や体の相性がいい相手だと、いっそ別れてこの人と一緒になろうか・・・と考える人も多いことでしょう。

別れるのは駄目、不倫なんてやめなきゃ、こう思うのは誰しも同じです。確かに不倫は好ましいことではありませんが、50代と言えば定年まであと少し。今まで頑張ってきた分、自分の好きなように生きたいという気持ちまでは否定できません。しかしそう思ったからといって、衝動的になるのは賢いやり方ではありません。

不倫がきっかけだとはいえ、せっかくの素敵な恋愛です。自分には素敵な人がいるから大丈夫、と心に余裕を持って第二の恋愛を楽しんでもいいのではないでしょうか。